小林 昭生

小林 昭生(こばやし あきお)

(株)国際マネージメント・サポート 代表取締役
デュポン株式会社(元)代表取締役社長
前 大阪大学大学院 国際公共政策研究科 特任教授

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「リーダーシップ習得法」
  • 「経営改革の仕方」
  • 「M&Aを含む海外進出と海外子会社管理の要諦」
  • 「中長期経営戦略の立てかた」

講演テーマ

「リーダーシップ習得法」
目下ハーバード大学で主流の”変革的リーダーシップ論”を基に、 
”リーダーシップの本質”、”その構成要素”、”その身につけ方”
を実例を交えて 教示する(現在、大阪大学大学院において実施中)。

「経営改革の仕方」
日米両企業での豊富な経営改革の成功事例と、
大阪大学大学院での理論教育を基に、 
経営改革遂行の要諦・秘訣を包括的体系的に教示する。

「M&Aを含む海外進出と海外子会社管理の要諦」
日米両企業での豊富な成功(一部失敗)体験事例を基に、
外国企業のM&Aや異文化間Communication,海外子会社管理をする上での
注意事項や要諦を教示する。

「中長期経営戦略の立てかた」
日本で殆ど初めて 長期戦略を作り、
その後もその立案・実施を繰り替えして来た経験を基に、
中長期戦略の作成の要諦とそれを成功裏に実施する秘訣を教示する。

略歴

1935年 愛知県名古屋市生まれ
1958年 東京大学法学部卒。住友化学入社。
1965年 フルブライト給付留学生として米カリフォルニヤ大学(バークレイ校)経営大学院に留学
1967年 ロンドン大学経済学部大学院(LSE)に留学
1971年 住友化学欧州事務所代表
1989年 同社企画部長を経て、同社取締役
1995年 同社常務を経て、専務取締役
1998年 同社 副社長
2003年 デュポン(株)代表取締役社長
2006年 デュポン アジア パシフィック リミテッド代表取締役会長CEO兼デュポン株式会社取締役相談役
2007年4月~2008年3月 大阪大学大学院国際公共政策研究科客員教授
2008年4月~2010年3月 大阪大学大学院国際公共政策研究科特任教授
2007年4月~現在  (株)国際マネージメント・サポート 代表取締役

住友化学では、赤字の農業化学部門を3年以内に同社最高の黒字部門に変え、
デュポンでは マイナス成長の会社を一年で 二桁成長の会社に変革。
大阪大学大学院では、初めて「Global Leadership」の実践的講義を始めた。

自身の国内外での豊富な実務体験と、日米英の大学での理論的学習を基に、
体系的・論理的乍ら 実例を交えた分かり易く実際的な実務知識・秘訣を伝授します。

著書

「仕事の指針・心の座標軸(共著)」(PHP研究所)
「交渉のコツービジネス交渉からのヒント(共著)」(商事法務社)
「日本企業のグローバル化マニュアル(共著)」(世界経営協議会)
「グローバル企業のトップインタビュー」(企業研究会)
「成長力の復活ー日本発ビジネス方式で」(化学工業日報社)
「日本企業でのリーダー開発」(経営研究所)
「日米企業経営改革事例とリーダーシップ」(価値創造フォーラム社)