古葉 竹識

古葉 竹識(こば たけし)

元広島カープ・横浜大洋ホエールズ監督
学校法人東京国際大学硬式野球部監督
徳島県阿南市スポーツアドバイザー
NPO国際青少年体育協会理事長
社団法人少年軟式野球国際交流協会理事長
全日本大学軟式野球連盟会長

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「耐えて勝つ ~私の野球人生」
  • 「勝つための条件~人の育て方、活かし方とチーム作り」

経歴

昭和11年 熊本県出身。
熊本県立済々黌高校卒業。専修大学入学。
日鉄鉱業二瀬営業所入社。
昭和33年 広島カープ入団 俊足・巧打の内野手として活躍、盗塁王2回
昭和45年 南海ホークスへ移籍
昭和46年 現役引退
昭和49年 広島カープへコーチとして復帰
昭和50年 広島カープ監督就任 広島カープ創立26年目にして、セリーグ初優勝を果たす。
「本当に優勝したんですね」の名言を残す。  
著書「耐えて勝つ」出版
昭和54・55年 連続日本一に輝く。正力賞受賞
昭和59年 三たび日本一に輝く。古葉野球を確立。最優秀監督賞4回、セ・リーグ特別賞を受賞する。
昭和60年 広島カープ退団 通算リーグ優勝4回
昭和62年 横浜大洋ホエールズ監督就任
平成元年 横浜大洋ホエールズ監督退団
平成8年 著書「決断に悔いなし」出版
平成11年 野球殿堂入り。監督通算成績873勝791敗137分
平成20年 学校法人東京国際大学硬式野球部監督就任
平成22年 東京国際大学特命教授就任

講演タイトル

「耐えて勝つ ~私の野球人生」
昭和50年、カープが球団創立26年目にして初優勝した年で、私が監督に就任した最初の年のことでした。 中日と優勝争いを始めてから一進一退を繰り返し、ひとつの試合も落とせない状況のなか耐え忍んでついに129試合目(当時は全130試合)にして栄冠を勝ち取った思いを綴っています。 「耐えて勝つ」は私の座右の銘で、色紙等に書く私の好きな言葉です。

「勝つための条件 ~人の育て方、活かし方とチーム作り」
大学中退、長嶋さんとの首位打者争い、カープ監督就任、衣笠選手の連続イニング出場記録、江夏選手との思い出、カープ監督辞任、大洋監督時代。 人生のターニングポイントと表現すると大袈裟かもしれませんが、様々な状況で “決断” をしてきました。 私なりに精一杯人生を送ってきていると思っていますので悔いはありません。 勿論、全てのことが全ての人に受け入れられてきているとは思っていませんが、私の野球人生を言葉にしました。

著書

『耐えて勝つ』
『決断に悔いなし』