北芝 健

北芝 健(きたしば けん)

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 時代の危機から身を護る生活術
  • 高齢社会における各世代の身の護り方
  • 自分の命・名誉を守る日常生活
  • 個人と組織の危機管理
  • 地域防犯と広域治安
  • 健康と護身
  • 健康における危機管理
  • 時代の危機に対処する健康術

出   身:東京都葛飾区
血 液 型:O 型
特   技:武道(空手六段・警視庁柔道二段
日本拳法三段)
役   職:日本安全保障・危機管理学会 顧問・教員
日本映画学校専任講師(犯罪学・国際関係論)
空手・護身術道場「修道館」館長

経 歴

祖父・両親ともに医者の家庭に生まれる。
早稲田大学卒業後、商社に勤務するも一念発起して警視庁入庁。数寄屋橋、築地、銀座4丁目などの交番勤務を経験後に私服刑事となる。一方で鑑識技能検定にもパス。警視庁の語学課程で優等賞をもらい、公安警察に転属。巡査部長昇任試験を拒否し、巡査のまま退職。捜査官在任中、ロス市警で捜査協力したことから、アジア特別捜査隊と懇意になり、犯罪捜査をネイティブの英語で伝える語学力を身につける。その後、早稲田大学大学院にて犯罪社会学を研究。当時、現場捜査を体験した犯罪学の教員がいなかったため、数種類の学校の講師として教壇に立つ。後に文筆業、漫画原作などを手がけるようになり、プロファイリングの第一人者としてテレビのコメンテーターなども行うようになった。バラエティー番組や俳優として映画やVシネマにも出演。健康やサプリメント、薬にも詳しく、大学病院の専門医による診断で生理年齢30歳、肌年齢28歳(2007年当時)との結果を受ける。また、危機管理の専門家としてテレビ出演のほかに講演活動も精力的に行っている。1990年には得度し、密教僧侶の資格を取得している。

講演テーマ例

「時代の危機から身を護る生活術」
今は、従来からの犯罪だけではなく、暴力団とマフィア(外国人犯罪集団)がビジネスでつるみ、ドラッグ・人身取引・武器等の闇商売をやる時代。市民の日常生活を平気で脅かすほか、少年犯罪なども増加して良民の平穏は乱されている。こんな時代の自分自身で身を護るための具体的な危機対処方法を説きます。

「高齢社会における各世代の身の護り方」
21世紀は先進国の成熟世代が大変増えます。国や民族文化の相違により、危険に対処する方法は異なりますが、高齢者には地域を問わず、共通の悩みがあります。
加齢による体力気力の後退に対応する食事や危機管理法など、実際に存在する危険からの身の護り方を具体的に説明します。

「自分の命・名誉を守る日常生活」
時代と共に社会も変化します。危険の種類とその対処法に加えて、世代間抗争とも呼ぶべき名誉侵害は加齢と一緒に増えていきます。
気力、体力、注意力を養う食事と具体的護身法および名誉を守る文言にも言及します。

「個人と組織の危機管理」
現代は情報を保守できない時代になってしまった。女性の一人暮らしでも、個人情報を取られてレイプや殺害まで及ぶ悲惨な事例が増え、企業においても産業スパイやスキャンダル恐喝も水面下で驚くほど起きています。組織と個人では少々クライシスの内容が違ってきますが、具体的な危機対処法を説きます。

「地域防犯と広域治安」
日本は東西と南北では文化の差異もあり、発生する犯罪も少しずつ異なります。メディアの発達で情報の共有は可能なものの、犯罪に取り組む方法もオーダーメイドでなくてはならない時代になった。交通手段の発達で犯罪はスピードもスペースも一気に拡大します。身近な防犯術と生活上の注意、広域の犯罪対処法を説きます。

「健康と護身」
命を護る基本は、意思どおりに体が動いて危険を回避する体力・気力を使えることにあります。ここでは、食の安全から始めて、体力・気力を増やす食事、事案に応じた身体の使い方を具体的に説きます。また、年代別護身法にも触れます。

「健康における危機管理」
食の安全が声高に叫ばれ、偽装食品や不安な成分の食材が横行する時代です。それだけではなく、食と薬の中間に位置するサプリメントも多種多様で、人々は迷いの中にいます。そんな迷いを払拭するための食事とサプリメントと体調管理を中心に危険認知と食について説きます。

「時代の危機に対処する健康術」
メディアでは連日報じられる海外の事件や悲劇な出来事、そして我が国でも日常的に起きる危険を具体的に読む方法や理解の仕方をまず説きます。その上で洋の東西を問わない犯罪や食の安全、テロ、マフィア、暴力団、少年犯罪に言及し、それらが身近なものとなる事例を挙げて、健康で安全な日常生活を確保する方法を説きます。

著書

「警察官の泣ける話」(芸文社)、「あなたも襲われる!!」(ポプラ社)、鈴木邦男共著「右翼の掟 公安警察の真実」(日本文芸社)、「悪の経済学」(KKロングセラーズ)、「魔の薬 それでも覚醒剤やりますか?」(あ・うん)、「警察裏物語」(バジリコ出版/新潮文庫)、「続警察裏物語」(バジリコ出版)、「ニッポン非合法地帯」(扶桑社文庫)、「日本警察 裏のウラと深い闇」「ヤクザ極道学」(だいわ文庫)、「歌舞伎町がもし100人の村だったら」(KKロングセラーズ)、「警察の表と裏99の謎」(二見文庫)、「北芝健のアンチエイジング道場」(バジリコ出版) 他多数

漫画原作

「俺の空」刑事編、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」第39巻、「内閣権力犯罪強制取締官財前丈太郎」(BUNCH COMICS)、「まるごし刑事」(マンサンQコミックス)、「新まるごし刑事」(漫画サンデー)、「実録警察裏の裏」 他多数

テレビ

NTV「ラジかるッ」、CX「ネプリーグ」「熱血!平成教育学院」「ザ・ベストハウス123」、ANB「TVのチカラ」「やじうまプラス」「徹子の部屋」、YTV「たかじんのそこまで言って委員会」 他

映画

「公安警察官」、「COOL GIRLS」、「新まるごし刑事」 他

DVD

「沖縄空手 上・下巻」、「全自衛隊空手連盟 究極の武道空手」(制作総指揮) 他