見城 美枝子

見城 美枝子(けんじょう みえこ)

エッセイスト/ジャーナリスト/青森大学教授

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「教育はパートナーシップ」
  • 「出会いをすてきにするために」
  • 「『日本の福祉』~支え合ってボランティア~」
  • 「暮らしの中からみた環境問題」
  • 「変わりゆく時代と子供達」
  • 「男女共同参画社会をめざして」

略歴

早稲田大学大学院理工学研究科修士修了。同博士課程単位取得。
TBSアナウンサーを経て、フリーに。海外取材を含め53ヶ国以上訪問。

現在青森大学社会学部にて教鞭をとり、建築社会学、メディア文化論、環境保護論を
講義している。
著作、対談、講演、テレビでの活躍は目覚しく、講演題目もバラエティーに富んでいる。
女性ながらの視点で教育や環境・福祉などの問題を鋭く、優しく語りかける様は、誰もが深く納得させられてしまう。

<現在就任>

日本リーダー養成協会理事長、財団法人尾瀬保護財団理事、国土審議会・国土技術政策総合研究所研究評価委員会(国土交通省)、給水工事技術振興財団理事、社会保障審議会(厚生労働省)、食料・農林漁業・環境フォーラム幹事、公共建築賞審査委員会委員、医道審議会臨時委員(厚生労働省)、食品安全委員会専門委員(内閣府)
公衆衛生委員会(日本医師会)、(株)三越社外取締役

講演例

<子育て・コミュニケーション・教育・女性と仕事>

「教育はパートナーシップ」「親と子のパートナーシップ」
「出会いをすてきにするために」「男女共同参画社会をめざして」
「変わりゆく時代と子どもたち」「ワーキングマザーの日々から」
「一度は考えてみようパートナーシップ」「女性のこれからの選択」

<環境・農業・エイズ>

「暮らしの中からみた環境問題」「農業教育の果たす役割」
「世界の中の日本を語る」「人と自然の豊かな関係」
「水と生活」「日本の農業〜私の見た農業観〜」
「お米と日本人」「世界の中の日本の農業」「エイズ共存の時代」

<福祉・生涯教育>

「日本の福祉」〜支え合ってボランティア〜
「学び続けること〜思い立ったら吉日」
「現役の学生として」「生涯学習〜私の挑戦〜」

著作本

『女のティータイム』『見知らぬ国のタビリオン』集英社文庫
『女の日曜日』『男と女の風景』『女のタイムテーブル』 文化出版局
『お父さん、お元気ですか』(訳書) 文化出版局
『旅の季節 女の季節』 日本交通公社
『タフでなければ女でない』 講談社
『25時のテイクオフ』 フレーベル館
『すぐに役立つ手紙、ハガキ実例集』 日東書院
『女は悩んで美しくなる』 リヨン社
『見城美枝子の本音で!リフォーム奮闘記』 ニューハウス出版
『会話が苦手なあなたへ』 リヨン社
『会話が上手になりたいあなたへ〜誰かと話したくなる50のレッスン』 リヨン社