風間 杜夫

風間 杜夫(かざま もりお)

俳優

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 落語2席とトーク(子役時代の話や映画舞台の裏話や落語の話や団塊の世代の事等)

1949年東京生まれ。1959〜66年子役として活動。
早大演劇科、俳小附属養成所を経て、1972年表現劇場を旗揚げ。
1977年より、つかこうへい作品の主軸俳優として人気を博す。
1982年映画「蒲田行進曲」で脚光を浴び、
1983年TV「スチュワーデス物語」でお茶の間に浸透する。
以来その演技力に対して高い評価を得て、数多くの演劇、ドラマ、映画、声の出演と幅広いジャンルで活躍。
華のある実力派俳優として、常に第一線を走り続けている。
10年程前からは落語にも挑戦し、明治座で「風間杜夫の平成名人会」を開くなど、益々活動の場を広げている。2003年「ひとり芝居三部作」で、文化庁芸術祭賞演劇部門大賞、2004年「死と乙女」「ひとり芝居三部作」で、読売演劇大賞最優秀男優賞受賞。

[その他出演作品

* 映画 椿三十郎 パッチギ!LOVE&PEACE 手紙
* 舞台 風の盆ながれ唄 婦系図 うそつき弥次郎
他演劇、ドラマ、映画、声の出演多数

[その他の受賞

1980年度 横浜映画祭 助演男優賞 「四季・奈津子」「夕暮まで」
1982年度 日本映画テレビプロデューサー協会エランドール賞
日本アカデミー賞 最優秀助演男優賞
大阪映画祭 主演男優賞
熊本映画祭 最優秀男優賞 「蒲田行進曲」
1983年度 紀伊国屋演劇賞 個人賞 「朝・江戸の酔醒」
日本アカデミー賞 最優秀助演男優賞 「人生劇場」「陽暉楼」
1988年度 日本アカデミー賞 優秀主演男優賞 「異人たちとの夏」
2003年度 バッカーズアワード 演劇激励賞 「ひとり芝居三部作」

[落語

1997年 「オールスターらくご発表会」 ABCテレビ『堀ノ内』
1999年 「立川談春独演会」 紀伊国屋ホール『湯屋番』
2000年 「立川文志とその仲間たち」 北とぴあつつじホール『粗忽長屋』
2001年 「立川文志とその仲間たち」 全4ST 東京、静岡、仙台、札幌『火焔太鼓』
2002年 「立川文志とその仲間たち」 全4ST 北海道、東京、神奈川『居残り佐平次』
2003年 「新宿末広亭特別公演」 ほか全5ST 新宿末広亭『居残り佐平次』
2004年 「大銀座落語祭」 ほか全10ST 有楽町朝日ホール『居残り佐平次』
2005年 「風間杜夫の落語会」 ほか全12ST 横浜にぎわい座『酢豆腐』ほか
2006年 「花緑と風間の落語会」 ほか全43ST青山スパイラルホール『よいしょの階段(はしご)』/鈴木聡(作)
「風間杜夫の平成名人会」 明治座『粗忽長屋』『火焔太鼓』『居残り佐平次』
2007年 「風間杜夫・独演会」 ほか全26ST ニューヨーク日本クラブ『居残り佐平次』
「風間杜夫の落語会」 横浜にぎわい座『夢の酒』ほか
2008年 「風間杜夫落語独演会」 ほか全32ST予定

[趣味

麻雀

[講演テーマ

※お問い合わせください