香山 リカ

香山 リカ(かやま りか)

精神科医/立教大学現代心理学部教授

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「ストレスに負けずに元気に暮らす」
  • 「よりよいコミュニケーションとは?」
  • 「男女の共生社会」
  • 「うつと向きあうために」
  • 「生きづらい若者たち」
  • 「就職がこわい」
  • 「子どもの心をのぞいてみれば」
  • 「“よい子”の心に何が起きているか」

★講演オススメのポイント★
精神科医として活躍する他、時代に反映した心に関する著書を多数出版、
ベストセラーとなり幅広い世代に知られています。
心の持ち方やコミュニケーションについての講演は、
幅広い世代より「わかりやすい」「共感できる」「腑に落ちる話だった」と好評です。

略歴

1960年7月1日北海道札幌市生まれ。

東京医科大学卒。学生時代より雑誌等に寄稿。

その後も臨床経験を生かして、リカちゃん人形の名前をペンネームに各メディアで社会批評、
文化批評、書評など幅広く活躍し、現代人の“心の病”について洞察を続けている。
専門は精神病理学だが、テレビゲームなどのサブカルチャーにも関心を持つ。

毎日中学生新聞(ココロランド)、北海道新聞(働く女性の胸のうち)、朝日新聞(ベストセラー快読)、
中日スポーツ(若者よ!)、VERY(VIDEO&MOVIE REVIEW)、創(「こころの時代」解体新書)、
文藝(ウエアラブル・セルフ)、オーディション(スターのココロ)、SFマガジン(SENCE OF REALITY)、
幼児と保育(香山リカの悩み相談室)、日本カメラ(香山リカの臨床フォトサイコロジー)、
Forbes(香山リカの目)、賃金実務(私が選んだこの1冊)、Magazine ALC(香山リカの通信講座の心理学)など、
連載多数

講演例

「まず、自分を認めてみよう 〜楽しい人生のための処方箋〜」
「憲法・家族・若者 〜それぞれが大切にされる社会とは」
「何のために働くの? 就職がこわい? 〜まずはそこから考えるキャリア&ライフプラン〜」

著作本

「こころの時代」解体新書 2 創出版
「サヨナラ、あきらめられない症候群」 和書房
「結婚幻想迷いを消す10の処方箋」 ちくま文庫
「愛国」問答これは「ぷちナショナリズム」なのか 中公新書ラクレ
「いつかまた会える -顕信:人生を駆け抜けた詩人-」 中央公論新社
「心の深呼吸ができる本」 海竜社