川口 文武

川口 文武()

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

略歴

1951年11月 埼玉県川口市に生まれる
1978年3月 拓殖大学 政経学部・政治学科卒業
1983年6月 立花証券入社
以後、国際部、法人部、国際法人部に配属され、30年間に渡り生命保険や信託銀行、
さらには、欧米のヘッジファンドや投資顧問会社など、国内外の機関投資家を専門に担当。
プライベートでは1985年4月に官僚、報道記者、学者、弁護士、そして若手の政治家などを集めて、
国際情報研究会、『 21世紀クラブ』 を発足させ、15年間代表を務める。
2012年5月 同社を退職すると同時に、講演や執筆活動を中心とする経済評論家に転身。
2017年5月 拓殖大学客員教授に就任 

講演テーマ例

「アベノミクスの本質とその行方」

「これまでのそしてこれからの日本と世界の経済情勢」

「日本経済は‘失われた30年’に突入したのか?」

「半世紀にわたる日銀の金融政策とあるべき姿」

「日本国債と財政危機について」

著書

「国債物語 誰が日本の借金を一〇〇〇兆円にしたのか?」 (東京図書出版)  2014年12月
「日本を大不況にした「日銀総裁たちの大罪」」 (双葉社)  2013年3月
「‘21年不況’その軌跡と真因」 (財界研究所)  2012年6月
「ドキュメント『失われた20年』 の原点」 (オンタイムズ) 2012年6月
「企業と銀行の変遷から読み解く‘平成不況史’」 (オンタイムズ) 2012年6月
「日本の経済と金融を翻弄する世界プロブレム」 (オンタイムズ) 2012年6月
「検証・‘欧州ソブリン危機」 (オンタイムズ) 2012年9月
「アベノミクスが暴く日銀・白川前総裁の大ウソ [Kindle版] 」  2013年9月
「デフレ不況をばら撒いた政治家21人の責任[Kindle版] 」  2013年9月
「小説・失われた20年 [Kindle版] 」  2013年12月

その他

1994年11月15日より、帝国ニュース(帝国データーバンク)の
『せら・よしただの「株式相場 よもやま話」』 を第1号から第500号まで、
5年に渡って執筆。ちなみに、「せら・よしただ」は漢字で「世良美唯」と書き、
フランス語のセラヴィ‘それが人生さ’をもじったもの。

・第3回 拓殖大学総長杯討論雄弁大会 優勝 (1974年5月)
・第26回 全日本弁論選手権大会 第9位 (1974年10月)
・第8回 柴田杯争奪全日本学生言道大会 優勝 (1975年10月)

景気循環学会 会員