加藤 嘉一

加藤 嘉一(かとう よしかず)

国際コラムニスト
ハーバード大学ケネディスクール 公共政策大学院 フェロー
世界経済フォーラムGSC(グローバルシェイパーコミュニティ)メンバー

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「中国から見える世界、そして日本に足りないもの」
  • 「加藤嘉一の眼に写る中国のXXX」
  • 「日本企業が中国でビジネスをやる際に知っておくべき必須事項」
  • 「語学は金をかけて身につけるもんじゃない」
  • 「私が予測する中国の20年後、日本はどう対処すべきか?」
  • 「三無状態から加藤嘉一へ~流した汗は嘘はつかない」

プロフィール

1984年静岡県生まれ。
2003年高校卒業後単身で北京大学留学。
同大学国際関係学院大学院修士課程修了。
英フィナンシャルタイムズ中国語版コラムニスト、復旦大学新聞学院講座学者(2012.3~7)、北京大学研究員(2010.9~2012.6)、慶応義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)。(2011.4~2013.3)

香港系フェニックスニューメディア(鳳凰網)における自身のブログは2012年11月現在 7000万アクセスを突破。中国版ツイッター(新浪微博)のフォロワー数は150万以上。

中国語の単著に『愛国奴』、『中国的邏輯』、『日本的邏輯』、『从伊豆到北京有多遠』、『中国、我誤解イ尓了口馬?』などがある。

2010年、中国の発展に貢献した人に贈られる「時代騎士賞」受賞。2011年には日本でも『われ日本海の橋とならん』、2012年には、『逆転思考』『いま中国人は何を考えているのか』などを出版。
「週刊プレイボーイ」「ダイヤモンド・オンライン」「The Nikkei Asian Review」「日経プレミアPLUS」で連載。
日本語・中国語・英語、3カ国語でコラムを書く。

講演テーマ

「中国から見える世界、そして日本に足りないもの」
私は2003年、SARSがピークに当たる時期に北京に行った。まさに中国は改革開放の真っ只中で、五輪開催に向けて急速な変革を遂げていた時期。モノ、ヒト、情報、カネ、あらゆるファクターが集約されていく現実。
中国の最高学府北京大学で大学、大学院を過ごし、アメリカ、ヨーロッパ、東南アジア、中東、アフリカなど、大統領から国家の未来を担うエリート、各国の精鋭ともまれるなかで、世界が見えてきた。だからこそ分かる、日本が持っているもの、足りないもの。

「加藤嘉一の眼に写る中国のXXX」
XXXは、若者、三農問題、商習慣、自由度、国民性、価値観、ガバナンス、市場、ビジネススタイル、軍事力、未来、メディア事情、外交、アカデミズム、政治体制など様々。北京に赴いて9年、各界のキーパーソンとコミュニケーションをとり、プロジェクトを完成させていく過程で、豊富なネットワークを築き、内幕と真相を垣間見てきた。机上の空論ではなく、今中国の内側で何が起きているか?という現場の視点から、チャイナイシューを読み解く。

「日本企業が中国でビジネスをやる際に知っておくべき必須事項」
大中小問わず、日本人が中国でビジネスをやる上で、必ず知っておかなくてはならない必勝法、戦略、コツというものがある。現地の人材をどう使いこなすか、テーブルマナー、商談を持ち出すタイミング、パートナーとの信頼の築き方、交渉場でのカードの切り方、契約時に気をつけるべきこと、契約後のスケジュールの進め方・・・など。これまで1000以上の交渉現場で起きた現実を、具体的事例を取り上げながらシェアする。

「語学は金をかけて身につけるもんじゃない」
3ヶ月でHSKHSK(中国語検定)最上級、半年で翻訳、1年半で同時通訳を始めた。だが、振り返ってみると、中国語学習そのものにかけたお金は、1万円以下。道端の住民との雑談、ラジオ、新聞購読など、中国人と上手にコミュニケーションをとり、人脈を築きながら、ローコストで、効率よく身に着ける術。逆説的だが、お金はかけなければかけないほどいい。そのプロセスは、日本国内でも充分達成可能だ。

「私が予測する中国の20年後、日本はどう対処すべきか?」
社会主義市場経済という発展のプロセスで、政治と経済、社会と文化が乖離するシステムはいつまでもつのだろうか。ある中枢ブレーンは、改革開放という「当代中国革命」は、経済、社会、政治という順で3つの段階を経ると主張する。1人あたりのGDPが全国平均で1万ドル、教育・医療の公平性、司法の独立と報道の自由あたりが、指標になるという。それぞれ10年ずつくらいかかると見て、2040年あたりがいわゆる「民主化」のターニングポイントになるのかもしれない。もちろん、民主化という政治改革なしに、経済と社会の近代化はありえないという見方も、欧米を中心に多々存在する。台頭する中国に多くを依存する日本人として、「隣の巨人」の動向は追い続けなければならない。

「三無状態から加藤嘉一へ~流した汗は嘘はつかない」
2003年4月、SARSのピーク、世界はイラク戦争に注目していた。中国語ゼロ、一文無し、友人ゼロという三無状態からスタートした北京での留学生活。中国の高度経済成長、激動の日中関係という外部要因がうまく重なり、今では大学講師、高校教師、コラムニスト、コメンテーター、講演、書籍執筆、ビジネスコンサルティング、同時通訳、司会者など、忙しい日々を送るようになった。中国で最も注目される日本人になった。
革命の地で、中国人、外国人問わず、若きオピニオンリーダーの地位へと一気に駆け上がった。人生のターニングポイントは、己の手で創造するものだ。もう迷わない。いつも前だけを見て、アグレッシブに。

専門分野

東アジアの国際関係、日中関係、米中関係、中国政治・経済、朝鮮半島、日本人論・中国人論、 中国人との付き合い方、中国ビジネス、世界から見た日本、交渉術

講演実績

企業、官公庁、地方自治体、大学など多数

主な著書

『われ日本海の橋とならん』(ダイヤモンド社)
『いま中国人は何を考えているのか』(日本経済新聞出版社)
『逆転思考 激動の中国、ぼくは駆け抜けた』(集英社)
『中国人は本当にそんなに日本人が嫌いなのか』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)
『脱・中国論 日本人が中国とうまく付き合うための56のテーゼ』(日経BP社)