板垣 英憲

板垣 英憲(いたがき えいけん)

政治経済評論家

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 『世界経済の潮流を読む~米国主導型金融システムの崩壊と、日本企業の今後~』
  • 『トップを支えた知将・直江兼続~補佐役の器量と条件』
  • 『坂本龍馬を現代経営に活かす』
  • 『経営の神様・松下幸之助が教える「販売の極意」』

板垣英憲マスコミ事務所代表 全国マスコミ研究会顧問
さいたま市商工会議所会員、さいたま青年経営者連盟会友
全埼玉私立幼稚園連合会幼児教育センター特別講師
東証ペンクラブ会員、財団法人水交会会員
中央大学真法会会員 中央大学南甲倶楽部会員、
広島県人会会員 鳥取県人会会員

[略歴]

昭和21年8月7日 広島県呉市で生まれる
東京工業大学理工学部付属工業高等学校工業化学課程卒業
昭和47年3月 中央大学法学部法律学科卒業
海上自衛隊幹部候補生学校入校(第23期一般幹部候補生課程)
昭和47年10月1日 毎日新聞東京本社入社
社会部 浦和支局(埼玉県警察本部担当)
政治部 首相官邸詰め、福田首相、大平首相番記者
・安倍晋太郎内閣官房長官番記者
・田中六助内閣官房長官番記者海上自衛隊幹部候補生学校入校
(第23期一般幹部候補生課程)
・総理府、文部省、参議院、厚生省、自治省、建設省、労働省担当
・自民党、社会党、公明党、民社党、共産党担当・日教組担当
・日本医師会、日本歯科医師会、全国健康保険組合連合会、日本病院会等担当
・経済部・通産省、公正取引委員会担当
・建設省、日本土木工業会担当
・東京証券取引所、野村證券、野村総合研究所、大和證券、
山一証券、日興證券、新日本証券など担当
昭和60年6月11日 評論家として独立、執筆、講演活動に入る。
選挙に関する全国情報調査、セミナー、各種イベント業務遂行

[受賞]

昭和47年5月 自由民主党「国民協会」(現・国民政治協会)懸賞論文会長賞入賞

[著書]

■政治分野

「族の研究」 (経済界刊)
「自民党選挙の秘密」 (三一書房刊)
「野党〜好材料なく本日も〔値つかず〕」 (はまの出版刊)
「元統合幕僚会議議長・矢田次夫の日本防衛の構図」 (廣濟堂出版刊)
「竹下政権の崩壊」(テレビ朝日出版部刊)
「利権はこうしてつくられる」 (KKベストブック刊)
「小沢一郎という男の野望」 (大陸書房刊)
「平成動乱〜小沢一郎の野望」 ((株)DHC刊)H5年
「なぜ・・田中眞紀子は吼えるのか」 (KKベストセラーズ刊)H5年
「土井たか子の挑戦」 ((株)DHC刊)H5年11月
「細川家の大陰謀」 (KKベストセラーズ刊)H6年
「史上最強の父娘 田中角栄・田中眞紀子」 (KKベストセラーズ刊)H6年
「風切り龍太郎十番勝負〜橋本龍太郎」 ((株)DHC刊)H6年
「自民党教書」 ((株)データハウス刊)H6年
「武村正義のマキャベリズム」((株)DHC刊)H6年
「21世紀のパワーエリートたち松下政経塾のリーダー論」 ((株)DHC刊)H6年6月
「自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた」 (ポケットブックス刊)H6年7月
「村山長期政権で日本はこうなる」 (ジャパンミックス(株)刊)H6年8月
「『田中眞紀子』という生き方」 (KKベストセラーズ刊)H6年10月
「ズバリ眞紀子節-田中眞紀子は父・角栄を超えられるか」 (こう書房)H6年11月
「小沢一郎総理大臣待望論」(ジャパンミックス(株)刊)H6年11月
「自民党教書〜総選挙編」 ((株)データハウス刊)H6年12月
「自民党森喜朗幹事長が打つ 景気政策」 (ジャパンミックス(株)刊)H7年1月
「新進党教書」 ((株)データハウス刊)H7年3月
「大蔵日銀 闇将軍」 (泰流社刊)H7年4月
「小沢一郎の時代」 (同文書院刊)H8年2月
「小沢一郎 七人の政敵」 (ジャパンミックス(株)刊)H8年2月
「永遠のナンバー2 後藤田正晴・男の美学」 (近代文藝社刊)H8年2月
「がんばれ 菅直人」 (近代文藝社刊)(同文書院)H8年7月
「ズバリわかる大決闘!300選挙区600人」(双葉社刊)H8年6月
「鳩山由紀夫で日本はどうなる」(経済界刊)H8年10月
「北朝鮮 悪魔の祖国」(KKベストセラーズ刊)※構成担当H8年12月
「利権と腐敗」 (泰流社刊)H9年3月
「日本経済ブラックホールへ 封印されたVIP口座」 (泰流社刊)H10年1月
「東京地検特捜部〜鬼検事たちの秋霜烈日」 (同文書院刊)H10年4月
「野村告発者」(KKベストセラーズ刊)※インタビュー構成担当H10年12月
「田中眞紀子が天下をとる日」 (KKベストセラーズ刊)H12年9月
「国会議員総覧 2001年版」(東京ヒューマンライブラリー刊)※監修担当H13年1月
「小泉純一郎 恐れずひるまずとらわれず」(KKベストセラーズ刊)H13年5月
「なぜ・・田中眞紀子は吼えるのか」 文庫本(KKベストセラーズ刊)H13年8月
「ブッシュの陰謀」 (KKベストセラーズ刊)H14年1月 *翻訳版=台湾、韓国
「小沢一郎の大勝負」 (リヨン社刊)H15年9月
「石原慎太郎の日本を救う決断」 (青春出版社)H15年9月
「小泉・安倍VS菅・小沢国盗り戦争」 (日新報道刊)H15年10月
「日本変革 菅直人+小沢一郎は政治をどう変えるのか」 (KKベストセラーズ刊)H15年11月
「戦国自民党50年史」 (花伝社刊)H17年12月
「政治家の交渉術」 (成美堂出版刊)H18年5月
「渡部恒三 民主党を救った会津魂」(ごま書房)H18年6月
「これが上田流県政改革だ」 (日新報道) H19年4月
「政権交代」(花伝社刊)H19年8月
「小沢一郎総理大臣」 (サンガ刊)H19年10月
「老害政治」 (光文社ペーパーバックス刊) H19年10月
「ロックフェラーに翻弄される日本」 (サンガ刊) H19年10月
「民主党派閥闘争史」(共栄出版刊)H20年9月
「鳩山家の使命」 (サンガ刊)H20年10月

■企業もの・証券・株式関係・自己啓発もの

「野村総研」 (ぱる出版刊)
「野村證券残酷物語」(エール出版社刊)
「株・大儲けの極意」(廣濟堂出版刊)
「ダウ二万時代へ挑戦」(AIC総合情報センター)
「兜町新時代の投資戦略」(かや書房刊)
「株式投資のプロの裏読み」 (経済界刊)
「株・確実に儲かる投資戦略」(廣濟堂出版刊)
「ユダヤが狙う株で儲けろ」 (廣濟堂出版刊)
「大暴落を突破する開発株で儲けろ」 (廣濟堂出版刊)
「恐るべし野村證券の野望」(エール出版刊)
「〔地球再生〕株88銘柄を狙え」 (廣濟堂出版刊)
「IBM神話の崩壊」 (ぱる出版刊)
「ヤオハン日本脱出を図る大陸商法の発想」 (ばる出版刊)
「〔思いつき〕を企画にしてしまう本」 (かんき出版刊) *翻訳版=台湾
「日本経済新聞はこう読みなさい」(明日香出版刊)H7年4月
「スラスラ書けるようになる作文・小論文」(実業之日本社)H8年4月
「孫正義 常識を破って時代を動かす」 (日本文芸社刊)H9・4 *翻訳版=台湾、韓国、中国
「企画のアイデアがたちまちのうちに50浮かんでくる本」 (東林出版社刊)H10年8月
「忠臣蔵が語る組織の活性化術」(ブレーン刊)H11年4月
「国際金融資本の罠に嵌まった日本」 (日本文芸社刊)H11年6月 *翻訳版=台湾
「ナスダック ジヤパン」 (日本実業出版社刊)H11年10月
「誰でも知っている創業者のサクセスストーリー」(ブレーン刊)H12年4月
「全員経営のすすめ」 (日本文芸社刊)H13年3月
「IT革命 基礎の基礎」(ブレーン刊)H13年4月
「カルロス・ゴーンに学ぶ改革の極意」 (KKベストセラーズ刊)H13年 *翻訳版=韓国
「情報流出のカラクリと管理術」 (KKベストセラーズ刊)H15年2月
「日産カルロス・ゴーンの世界制覇戦略」 (秀和システム刊)H15年12月
「戦略カンパニーソニーの軌跡と出井伸之」 (秀和システム刊)H16年4月
「ユダヤ株を狙え」(経済界刊)H16年6月
「村上世彰『私の挑戦』」 (あさ出版刊)H17年12月
「株で儲ける銘柄選びの極意」 (ナツメ社)H18年5月
「株を撃て 株式投資の心理学」 (花伝社刊)H18年5月
「カルロス・ゴーンの言葉」 (あさ出版)H18年12月
「孫の二乗の法則」 (サンガ刊)H19年7月
「高杉晋作が経営者だったら」 (サンガ刊)H20年3月

■社会・教育分野

「かわいい女傑たち」(かや書房刊)
「悪質地上げ屋〜その手口と撃退法」 (テレビ朝日出版部刊)
「新聞記事の大ウソを暴く」 (日新報道刊)
「教育を追うー問われる教師像」(毎日新聞社刊、共著)=毎日新聞「教育を追う」取材班所属
「せんせい」(毎日新聞社刊、共著)=毎日新聞「教育を追う」取材班所属
「教科書戦争」(三一書房刊、共著)
「山田かまち伝説」 ((株)データハウス刊)
「姓名と日本人〜〔悪魔ちゃん〕の問いかけ」 ((株)DHC刊)
「いじめられっ子救出大作戦110番」(小学館刊)H7年6月
「愛する者へ遺した最期のことば」 (日本実業出版刊)H7年6月
「内務省が復活する日」 (サンドケー出版局)H7年10月
「目を覚ませ! 財界人」 (日本文芸社刊)H8年9月
「オウム事件と宗教政治戦争」 (三一書房刊)H8年12月
「小中高校の教科書が教えない日の丸・君が代の歴史」 (同文書院刊)H11年7月
「人生の達人〜心に残る名言・遺訓・格言」(全国マスコミ研究会刊)H12年5月
「人生の達人 第2集〜創業者のサクセスストーリー」(全国マスコミ研究会刊)H14年2月
「宮本武蔵『五輪書』に学ぶ経営学」(ブレーン刊)H14年5月
「『五輪書』の経営学」(全国マスコミ研究会刊)H15年5月
「テレビキャスターコメンテーターは本当に信用できるか」(日新報道刊)H16年10月
「がんばれ経営者 山内一豊に学ぶ男の力・女の知恵」(ブレーン刊)H17年5月
「風林火山」の兵法に学ぶ経営学(ブレーン刊)H18年6月
「トップを支えた知将 直江兼続 補佐役の器量と条件」(ブレーン刊)H20年4月
計118冊

[最新好評講演テーマ]

【マスコミに出ない政治経済の裏話】

『世界経済の潮流を読む』〜米国主導型金融システムの崩壊と、日本企業の今後

世界金融機関の双璧を成す「シティグループ」と「ゴールドマンサックス」の死闘が招いた金融危機が、経済危機を招き、さらには世界恐慌への最悪のシナリオに突き進むのではないかと懸念されている。リーマン・ショックから株安、円高、公的資金注入、米オバマ大統領就任、日本の政治(解散・総選挙) など激変する情勢の舞台裏、日本への今後の影響、日本側がどう対応するのか。

【歴史に学ぶ】

『トップを支えた知将・直江兼続』〜補佐役の器量と条件

戦国時代の武将・直江兼続が、主君である上杉景勝に見せた忠義と激動のなかで主家である上杉家を守るのに発揮した「名補佐役」ぶりを分析、解明し、現代企業の経営に活かすべき、「現代の名補佐役」のあるべき姿を浮き彫りにし、経営トップや補佐役の方々の参考に供する。(NHK大河ドラマ「天地人」(火坂雅志原作)平成21年放映)

〔主な内容〕

■天命を自覚し「縁」を大切にする
■トップとの信頼関係を堅持する
■補佐役に求められる能力と人格を高める
■内紛を抑えて組織を強化する
■トップと協力して各部門を調整する
■奮戦して業績を上げる
■トップを望まず「補佐役の節度」を守る
■知略を駆使し主家の「事業承継」を図る
■文武を兼備し高い教養を磨く
■「愛とプライド」に生き、「男の美学」を貫く

《その他講演テーマ》

武田信玄の軍師・山本勘助が教える 『「風林火山」の兵法に学ぶ経営学』
華僑財閥がわかれば、中国経済がわかる〜中国における日系企業の現状と課題
がんばれ経営者〜山内一豊の妻に学ぶ男の力・女の智慧
日本再生と教育 〜間違いだらけの日本の教育を正す
『誠』の経営学とは  〜新選組の武士道精神を経営に生かす
源義経の「奇襲戦法」に学ぶ企業経営  〜意表を突いて消費者の心をつかむ
どうなる年金制度、いくらもらえる年金  〜あなたの老後の生活は大丈夫か