猪瀬 直樹

猪瀬 直樹(いのせ なおき)

作家

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「この国のゆくえ」

略歴

1946年、長野県生まれ。
87年『ミカドの肖像』で第18回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。
『日本国の研究』で96年度文藝春秋読者賞受賞。
2002年6月、小泉首相より道路公団民営化委員に任命される。その戦いを描いた『道路の権力』(文春文庫)に続き『道路の決着』(小学館)が刊行された。
2000年9月より政府税制調査会委員、01年4月より東大客員教授、06年10月より東工大特任教授、07年4月より地方分権改革推進委員会委員、07年6月より東京都副知事に任命される。
09年11月『ジミーの誕生日 アメリカが天皇明仁に刻んだ「死の暗号」』(文藝春秋)、10年6月「東京の副知事になってみたら」(小学館新書)、『昭和16年夏の敗戦』(中公文庫)を刊行。2011年 2月 『地下鉄は誰のものか』(ちくま新書)を刊行。

講演例

「この国のゆくえ」

近著

『地下鉄は誰のものか』(ちくま新書)
『昭和16年夏の敗戦』(中公文庫)
『東京の副知事になってみたら』(小学館新書)
『ジミーの誕生日 アメリカが天皇明仁に刻んだ「死の暗号」 』(文藝春秋)
『霞が関「解体」戦争』(草思社)
『道路の決着』(文春文庫)
『こころの王国 菊池寛と文藝春秋の誕生』(文春文庫)
『国を変える力』(ダイヤモンド社)
『二宮金次郎はなぜ薪を背負っているのか』(文春文庫)
『空気と戦争』(文春新書)

主な著書

『日本の近代 猪瀬直樹著作集』(全12巻 小学館)
『ピカレスク 太宰治伝』(文春文庫)
『ペルソナ 三島由紀夫伝』(文春文庫)
『マガジン青春譜 川端康成と大宅壮一』(文春文庫)
『作家の誕生』(朝日新書)
『猪瀬直樹[戦う講座](1)この国のゆくえ』(ダイヤモンド社)
『猪瀬直樹[戦う講座](2)持続可能なニッポンへ』(ダイヤモンド社) など著書多数。