経歴

1951:兵庫県生まれ
1974:東京大学経済学部卒
1974:旭硝子入社工場労務担当
1981:建材営業に異動
1994:業界団体へ出向
1997:子会社社長へ転出
2002:旭硝子を退職
2002:デントロニクス取締役
2003:岩手県民間人校長採用
2011:定年退職 現在に至る

講演テーマ

4つの積み木教育理論
学校教育においては、人間としての基礎基本、基礎学力、社会人基礎力、職業につながる知識の4つの積み木を積み上げる必要があります。これらにどう対処すればいいのかについて論じます。

日本的経営の神髄
日本は世界一老舗の多い国です。それだけ日本的経営は素晴らしいものだということを訴えたいと思います。日本経営品質賞の4つの理念を説明し、これからの企業経営や学校経営の在り方を論じます。

閉塞社会の歴史的背景
現在の日本の閉塞状態。これの依って来る原因は、国際化と称してアメリカ流資本主義を受け入れたことにあります。現代経済史の観点から、これを紐解き、日本の将来の方向性を論じます。

専門分野

現代経済史 日本的経営 教育論

講演の特徴

不器用な人生と重ね合わせながら、本質に迫っていきます。

主な著書

『新版国民読本』(日本地域社会研究所)

ブログ

「教育コラムマガジン」http://www.ikeda-column.jp/