家田 荘子

家田 荘子(いえだ しょうこ)

作家/高野山真言宗僧侶

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • <市民・文化>
    「この世に生まれ、生きて、生かされて…あと一歩前へ踏み出したいあなたへ」
  • <人権>
    「一緒に生きて行こうーあなたの愛を求めていますー」
  • <学校・PTA>
    「取材現場から ー私の出逢った人たちー」
  • <学校・PTA>
    「取材現場から ー私の出逢った人たちー」
  • <学校・PTA>
    「ティーンからのメッセージー知ってもらいたい。子供たちのことー」
  • <薬物防止>
    「『ダメ!ゼッタイダメ!』ドラッグは絶対にダメ。」ー全国の取材現場からー

これまで光のあたっていなかった世界や人々にスポットを当て、時間をかけた取材により
現代社会の様々な側面に鋭い視点で問題提起する異色の作家

略歴

日本大学芸術学部放送学科卒業。女優、ОL、セールスレディ、取り立て屋、編集アシスタント、
ウェイトレス、コンパニオンなど10以上の職歴を経て作家に。
小説、エッセイ、コミックの原作などの作品も数多く発表しているが、
必ず本人に会って取材し真実を伝える「ノンフィクション」作品に定評がある。
著作本は、平成18年10月現在112作品に登る。
「極道の妻たち1〜15」「バブルと寝た女たち1〜4」「私を抱いてそしてキスして」
「惚れたらあかん」など、30作品以上が映像化されている。

代表作品

「極道の妻たち」R「イエローキャブ1・2」「渋谷チルドレン」「歌舞伎町シノギの人々」など。

近著

「何キロやせたら綺麗になれますか」
「結婚後の恋愛」
「続・結婚後の恋愛 セックスレス編」

受賞

平成3年 第22回大宅壮一ノンフィクション賞
「私を抱いてそしてキスして〜エイズ患者とすごした1年の壮絶記録」

その他の役職・活動

・日本レコード協会作詞倫理委員
・高野山大学大学院・文学研究科密教学専攻生、1999年11月16日高野山真言宗最福寺にて得度をする
・国語科高等学校教論2級・中学校教論1級普通免許

講演例

「一緒に生きて行こう」 〜〜 あなたの愛を求めています〜〜人権>

ネクラだった家田は、性格を改善するために女優を目指した。その後、OLのほか10以上の仕事を経験し、ライターそして作家への道を歩んでいる。出逢った人々に貴重な人生を教えられた。その中で印象に残っていることや、取材の裏話などを織りまぜてお話しする。明るく、ポジティブになれる講演。

「『ダメ! ゼッタイダメ!』ドラッグは絶対にダメ。」〜〜 全国の取材現場から 〜〜 薬物防止>

薬物依存症の人々を密着取材3年。5度刑務所へ行っている女性の身元引受人もしていた家田が、クスリはなぜダメなのかを現場から報告する。クスリは早くて小学5年生あたりから始めどんな家庭環境でもあり得る。けっして他人事ではない。今、大人たちがクスリを勉強し子供たちに教えなければ…警視庁等でも講演経験もある。

「ティーンからのメッセージ」〜 知ってもらいたい。子供たちのこと〜 学校・PTA・小中高生>

凶悪な少年犯罪や、これまで例のなかった異様な少年犯罪が増加の一途を辿っている。今や小学生からいろいろな問題に直面しており。ティーンたちは悩みながらも、大人たちに沢山のサインを送っています。
どう苦しみ、どう親たちと克服して行ったか取材して得たティーン達の生の声をそのままをお話しし、大人の知らない子供の部分を「見たくない、知りたくない」のではなく、知って、話して、一緒に考えて下さい。

「取材現場から」〜 私の出逢った人たち 〜 元気の出る講演>

あの本、あの連載、あの事件のあの容疑者など、これまで20年以上、光の当たっていない世界や人々にスポットを当て、取材をして来た、その裏側のお話をします。知られていない社会や人々の一面が見えてくることでしょう。

「この世に生まれ、生きて、生かされて…」〜あと一歩前へ踏み出したいあなたへ〜 市民・文化>

私は、山岳信仰で日々行に励んでおり、仕事以外の時間を行に9年を費やしている。現在四国88ヵ寺を歩き、99年に高野山真言宗最福寺で得度を授かり高野山大学大学院で密教も学んでいます。
困難さを極める山行や、水行、歩き遍路は、私に多くのことを教えてくれます。生きて行くことは大変なことだけれども、無理をしないで小さな一歩一歩を積み上げて行けば、きっと自分のポジションを見つけ出すことができるでしょう。もう少しだけ強く、優しくなりたい方へのメッセージです。(宗教、宗派と関係ありません)