一坂 太郎

一坂 太郎(いちさか たろう)

作家/萩市特別学芸員/山口福祉文化大学特任教授

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「幕末の歴史を紐解く」
  • 「坂本龍馬」
  • 「高杉晋作」
  • 「没後100年・伊藤博文の実績と、リーダー像に迫る」
  • 「維新を見ずに散った晋作と龍馬」

講演テーマ

「幕末の歴史を紐解く」
「坂本龍馬」
「高杉晋作」
「没後100年・伊藤博文の実績と、リーダー像に迫る」
「維新を見ずに散った晋作と龍馬」

略歴

1966年 兵庫県芦屋市生まれ
大正大学文学部史学科卒業
東行祈念館学芸員を務めるも、同館閉館につき退職
現在、山口福祉文化大学・特任教授、
萩博物館高杉晋作資料室長、
防府天満宮歴史館顧問 を務める。

著書

『わが夫 坂本龍馬』(朝日新書)
『晋作の手紙』(新人物往来社)
『吉田松陰門下生の遺文』(世論時報社)
『幕末歴史散歩・東京篇』(中公新書)
『幕末歴史散歩・京阪神篇』(中公新書)
『竜馬が愛した下関』(新人物往来社)
『高杉晋作』(文藝春秋)
『松陰と晋作の志』(ベストセラーズ)
・『久坂玄瑞遺墨』
・『竜馬が行く』
・『荻の史碑』
・『ますらお達の旅』
・『荻と日露戦争』
・『関西の中の防長』
その他、著書多数。