菊地 ひと美

菊地 ひと美(きくち ひとみ)

日本画家/江戸衣裳研究家

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「江戸の女たちに学ぶ 日々を大切にした暮らし」
  • 「時代小説に役立つ 江戸の町と長屋の暮らし」
  • 「時代小説に役立つ 商人・職人の話」
  • 「江戸の粋」
  • 「今も昔も 江戸娘の夢・女房か腰元か」
  • 「江戸女たちの地域ネットワーク 出産から仲間づくり」
  • 「江戸婦人の交際術と遊び・贈答術」

講演テーマ

「時代小説に役立つ 江戸の町と長屋の暮らし」
「時代小説に役立つ 商人・職人の話」
「江戸の粋」
「今も昔も 江戸娘の夢・女房か腰元か」
「江戸の女たちに学ぶ 日々を大切にした暮らし」
「江戸婦人の交際術と遊び・贈答術」
「江戸女たちの地域ネットワーク 出産から仲間づくり」

略歴

1955年 仙台生まれ
1996年 衣裳デザイナー、イラストレーターを経て早稲田大学で学び、江戸の著作活動を開始。
2001年 著書「江戸にぞっこん」が初刊
2002年 日本橋再開発に絵を大型起用。
2004年 「江戸日本橋絵巻」を制作。現在、江戸東京博物館、玄関前に展示中。
2004年 ナショナル雑誌広告「江戸へ帰ろう」で電通賞、他受賞。
2004年 国立劇場から「伝統芸能絵巻」(全4巻10m)の制作依頼。
2006年 同絵巻が海外2カ国の国立美術館(ローマ・ブタペスト)で3カ月間展覧
2008年 丸善 丸の内本店にて、同絵巻4巻、国内初披露の「古典やまと絵展」開催
2011年 著書「お江戸の結婚」(三省堂)刊 「江戸衣装図鑑」(東京堂出版) 秋発刊予定

専門分野

江戸の衣装と暮らし
江戸文化

実績

・日本橋倶楽部 講演テーマ「時代小説に役立つ 江戸の町と長屋の暮らし」
・文化学園大学 講演会テーマ「江戸衣装」
・江戸東京博物館 講演会テーマ「江戸衣装」
・江戸遊学講座  講演テーマ「男も女も江戸の暮らし、江戸のお洒落」(日本橋ユイトビル)
 他)日本橋三越(トークショー)、NHK文化センター「江戸話」、スルガ銀行「江戸娘と結婚」、丸善本店

その他の活動

・雑誌「ミセス」2016年4月号 東大のロバート・キャンベル教授と対談
・TV NHKBSプレミアム「ねまきでアート」着物解説で出演
・連続TV小説「あさが来たファンブック」ムックに、幕末、明治の着物解説
・講談社 小説現代に「廓の媚学」連載中

著書

『お江戸の結婚』(三省堂)
『花の大江戸風俗案内』(ちくま文庫)
『ひと美の江戸東京名所図会』(講談社)
『江戸にぞっこん』(中公文庫)
『江戸おしゃれ図会』(講談社) 
絵本『絵で見る おふろの歴史』(講談社)