平野 次郎

平野 次郎(ひらの じろう)

学習院女子大学特別専任教授 /ジャーナリスト/(元)NHK解説委員

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「激動の政治・経済情勢を占う」
  • 「日本の中の世界-地球環境を考える-」
  • 「最近の国際情勢と日本の立場」
  • 「電波が結ぶ国際社会」

演題例

「頑張れ日本、元気を出せ中小企業」
「最近の国際情勢と日本経済の立場」
「国際社会と日本の針路」
「石油の時代の次に来るもの」
「日本の中の世界〜地球環境を考える〜」
「快適な都市を求めて」
「ヨーロッパのまちとくらし〜特派員の見聞録から〜」
「女性論」
「電波が結ぶ国際社会」
「21世紀のネットワーク」
「メディア論」
「コミュニケーション論」

略歴

1940年 12月生まれ。1963年国際基督教大学教養学部社会学科卒業。
1963年 64年(米)コーネル大学政治学部大学院留学。
1965年 NHK入局。
横浜放送局、報道局政治部、ワシントン支局・特派員、報道局外信部を担当
この間NHK特集「日本を愛したスパイ」などの企画・取材・制作を担当。また「海外ウィークリー」(80〜82)「NHKニュースワイド」国際情報(83〜84)の各番組キャスターを担当。
1984年 年ジュネーブ支局長。
1987年 報道局特報部へ、衛星放送「ワールドニュース」キャスター。
1988年 「ニュース・トゥデー」アンカーマン。
1990年 報道局特報部記者兼解説委員。湾岸戦争取材・「NHKスペシャル」等を担当。
解説委員、ヨーロッパ総局長を経て
1991年 解説主幹兼編成局。NHKスペシャル番組部エグゼクティブ・プロデューサー。
1998年 1月より放送総局解説委員室専門委員を経て、
現在は NHK(部外)解説委員・学習院女子大学特別専任教授。

その他活動

文部科学省独立行政法人評価委員、同省国際協力懇談会委員、国際交流基金海外日本語普及協力委員会委員、(米国)コーネル大学ユニバーシティー・カウンシル委員。

主な著書

『アメリカ・もう一つの報告』 日本放送出版協会 1978
『日本を愛したスパイ』(共著) 日本放送出版協会 1979
『国際ニュースをどう読むか』 TBSブリタニカ 1984
『英語はお経』 主婦の友社 1985
『平野次郎のおしゃべり英語術』 三笠書房 1988
『テレビニュース』 主婦の友社 1989
『ネコバンがいちばん』 角川書店 1992
『外国語をどう学んだか』(共著) 講談社 1992
『ままならぬ人生だからこそ』(共著) 講談社 1995
『日米会話手帳はなぜ売れたか』(共著) 朝日新聞社 1995
『英語世界の漫歩計』 日本放送出版協会 1996
『平野次郎の英語の中の20世紀』 放送番組テキスト 1996
『図解・英語ものがたり』 中経出版 1999

訳書

『カーター回顧録』上・下(共訳) 日本放送出版協会 1983
『ヤッピー・ハンドブック』 ダイヤモンド社 1984
『ギャラップのアメリカはこうなる』 TBSブリタニカ 1984
『トップキャスターたちの闘い』 NTT出版 1991
『文明の対話』 共同通信社 2001
『アメリカ合衆国の大統領と戦争』 青春出版社 2002