長谷川 満

長谷川 満(はせがわ みつる)

家庭教師システム学院代表 / ペアレントセミナー主宰

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「子どもからの3つのプレゼント」
  • 「子どもの思春期 親の思春期」
  • 「子どもを幸せに伸ばすための親学講座」
  • 「スロー子育てのすすめ」
  • 「自分を愛する心を育てよう」
  • 「言葉がけ一つで子どもは変わる」
  • 「無為の子育て~あなたも子どももそのままでいい~」

講演テーマ

「子どもからの3つのプレゼント」
子どもは、親に3つのプレゼントを持って生まれてきます。1つ目は「愛する喜び」、2つ目は「愛される喜び」、3つ目は「愛する者どうしが共に暮らす喜び」です。どれも「喜び」というプレゼントです。では、愛する喜びとは何か?愛される喜びとは何か?愛する者どうしが共に暮らす喜びとは何か?忙しい日々の生活の中で忘れがち・見失いがちな「喜び」を再認識していただくことで、自分と、子どものありのままを受け入れられるようになります。

「子どもの思春期 親の思旬期」
人生は大きく三つの時期に分けられます。思春期までの自我以前の時代(0~10代前半)、思春期以降の自我の時代(10代後半~40代)、中年の危機を乗り越えて新しく生まれ変わった「脱自我」の時代(50代~)。40代を私は「思旬期」と呼んでいます。なぜなら自我の殻(自分が身につけてきた信念や生き方)を脱ぎ捨てることによって、本当に自分らしい生き方が出来るようになるからです。ちょうど、その時期が子どもの思春期と重なることが多く、子どもの問題、たとえば不登校などを通して、自分らしい生き方を発見される方もおられます。

「子どもを幸せに伸ばすための親学講座」
今は教育に関して様々な情報があふれ、子どもをどのようにして育てればいいのか分かりづらい時代です。親も子もそれぞれに個性があるのですから、それぞれに合った「無理のない自分らしい子育て」が一番自然な形なのだと思います。では、その自分らしい子育てとは、どうすれば見つけられるのでしょうか。それは、この親学の講演の中で、それぞれが自分なりの「気づき」を得てもらうことで可能になると考えています。この講演を聴いて頂いた皆さんが、気づきによって、ありのままの自分や子どもを認められるようになり、「無理のない自分らしい子育て」を見つけられることを心から願っています。

「スロー子育てのすすめ」
効率性やスピードを追い求める現代、気がつけば子どもに対しても「性急な成果」を求めがちです。できることばかりを重視し、その子本来の善さを見てとる大人が少なくなってきたように思います。子育ての意義は達成や成功にあるのではなく、育ちゆく過程にあります。共に泣いたり、笑ったり、心配したりする中で、親も子もゆっくり育ち合うものです。そこで私なりの「スロー子育て」を提案したいと思います。子どもの自然、心の自然を大切に、「ゆっくり育ってほしい ゆっくり育ててほしい」。「スロー子育て」のキーワードは、「少欲」 「自然」「待つ」です。 

「自分を愛する心を育てよう~自己肯定感の育て方~」
青少年のいじめや凶悪犯罪の背景には、自分を大切に思えない自己肯定感の低さの問題があると言われています。逆に、自己肯定感が高い子は何事にも意欲的で、社会に出てからも有能であると言われています。では、どうすれば子どもたちの自己肯定感を高められるのか?また子どもだけでなく、自分たちもどうすれば自己肯定感を持てるのか?「我慢グセをやめる」「人から認められようとしない」「やりたいことをはじめる」等、今までにない視点からの提言で、その具体的方法をアプローチします。

「言葉がけ一つで子どもは変わる~プロ家庭教師はこうしてヤル気を引き出す~」
子どもが悩んでいる時、子どもが自信を失いかけている時、親や教師はどのように声をかけてあげればいいのでしょうか。その時の言葉がけ一つで、子どもは自信を取り戻しもすれば、失いもします。また、その時の一言で信頼関係を深めもすれば、壊すことにもつながります。悩んでいたり、自信を失いかけている子どもに対して、共感的態度とプラス視点からの承認の言葉をかけることで、子どもは見違えるほど変わります。それらを私自身が実際に体験した事例をもとに、楽しくわかりやすくお話ししていきます。「ああ、そんなふうに言ってもらえたら自分もヤル気になるわ」と保護者の方も納得の講演です。従業員のモチベーションアップのヒントにもなるので、経営者・管理職の研修にも対応可能。

「無為の子育て~あなたも子どももそのままでいい~」
無為とは「天に任せ、流れに逆らうことなく、ありのままにそのままに」という意味です。子育ての悩みは、ありのままの子どもを受け入れようとせず、親の思いから様々に子どもに求めるところから来ています。求めることをやめ、そのありのままを愛していくことで、子どもの自己肯定感が養われ、意欲的で自信のある子どもが育ちます。また、「素晴らしい子」だと根拠なく無条件に信じる、言葉にしていくことによって、子どもは勇気づけられ、その潜在的な能力や才能を伸ばしていくことが出来ます。「無為の子育て」とは、人間が本来持っている自ら伸びていこうとする自己成長力を最もよく引き出す教育法です。

「子どもを幸せに伸ばす10の秘訣」
子どもを幸せに伸ばすカギは「あたたかくて信頼し合える親子関係」にあります。
では、そのような親子関係とはどのようなもので、それはどのように築いていけばいいのでしょうか。
● 子どもの自己成長力を信頼する ● 子どものありのままを愛する ● 子どもを尊敬する 
それらを体験や具体例をもとにわかりやすく楽しくお話ししていきます。
感動した、心が軽くなった等大変好評をいただいているテーマです。 

「思春期・反抗期の子どもとのつき合い方」
「言葉づかいや態度が悪くなる」「感情が変わりやすい」など思春期の子どもの特徴を知ると共に、
どのようにしてこの時期の子どもと関わっていけばいいのかを具体例をもとにわかりやすくお話ししていきます。
親子関係も変化し成長していくものです。
難しいこの時期の子どもとのつきあい方がわかれば無用な摩擦も減り、より良い親子関係を再構築していけます。

「いのちの大切さを子どもたちにどう伝えるか」
ー いのちは大切だ、いのちを大切に。そんなこと何千何万回言われるより『あなたが大切だ』、
誰かがそう言ってくれたならそれだけで生きていける ー 
これは以前、公共広告機構のCMで使われていたフレーズです。
 親から大切にされている自分、自分は大切な存在なんだ。子どもたちが心からそう思えるように
『自己肯定感を育てる関わり』についてお話ししていきます。

「体罰の根っこを考える ~上下関係から信頼関係へ~」
体罰はなぜ起こるのでしょうか?
上に立つ者は下の者を導いてやらなねばならない。
下の者は上の者に従うべきだ。
そのような上下意識がある限り体罰はなくなりません。
生徒と教師、子どもと親との間に信頼関係があれば体罰に頼ることなく指導は出来ます。
 では、どのようにして子どもたちと信頼関係を築いていけばいいのか。
 25年間の家庭教師生活のなかで培ってきた「子どもとの信頼関係の作り方」をお話ししていきます。

「自信と意欲を引き出す『プラスの問いかけ』」
普段、親や教師が子どもにかける言葉の8割以上は命令や禁止、叱責、注意です。
子どものやる気を引き出したいのであれば、もっと子どもの考えや気持ちを理解しようとする姿勢が大切です。
『プラスの問いかけ』とは子どもの考えや気持ちを聴こうとするものです。
このように問いかけられると子どもは、自分は大切にされている、認められている、
愛されていると感じます。このように感じるとき子どもは主体的・意欲的に物事に取り組むようになります。

「学力向上のための7つの問いかけ」(中学生向け)
1、なんのために勉強するの? 
2、今までで一番良かった点数は? 
3、楽していい点数を取るためにはどうすればいい? 
・・・7、どうすれば頭が良くなるのかな?
子どもの立場から子ども目線で問いかける時、
意外にも「授業を聞こう」「テスト勉強を一生懸命やろう」という結論が出てきます。
中学校でやる勉強が本当は社会に出て役立つ勉強だったんだと目からウロコが落ちる講演です。

略歴

1961年 京都に生まれる
1987年 家庭教師システム学院を兵庫県加古川市に設立
2006年 ペアレントセミナーを開始
2007年 読売ファミリーニュース「親学講座」連載開始
2008年 幼稚園・小中学校を中心に講演活動を始める
     ブログ「長谷川満の親学講座」を始める
2012年 著書「あなたも子どももそのままでいい」を出版

 25年以上多くの家庭教師を指導すると共に、自らも家庭教師として子どもの自信回復と意欲を引き出す学習指導を実践。「やってみせて、やらせてみせて、ほめて伸ばす」指導で多くの子どもたちの成績向上に貢献する。

 不登校や発達障害の生徒も数多く指導。「子どもを変えようとするのではなく、子どもへの見方を変えましょう」と子どもをプラス視点で観ることの大切さを説く。

 生徒やその家庭と関わる中で、子どもの意欲向上や健全育成には良好な親子関係が欠かせないと、2006年に親学講座ペアレントセミナーを立ち上げる。いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、自然体で育てることが子どもを幸せに伸ばすと「無為の子育て」を提唱。
 幼稚園教諭の研修会をきっかけに賛同の輪が広がり、現在は幼稚園、小中学校を中心に講演活動中。

 自らの指導事例や体験をもとにした話はわかりやすく深い。詩や曲を取り入れた心に響く講演は「感動した」「癒された」との感想が多い。
 3人の子どもの父親。

専門分野

子育て、自己肯定感、親子関係、学習意欲向上

講演実績

福島県いわき市教育文化講演会「子どもの思春期、親の思旬期」
茨城県県西地区PTA連絡協議会「いのちの大切さを子どもたちにどう伝えるか」
茨城県八千代町PTA指導者研修会「いのちの大切さを子どもたちにどう伝えるか」
茨城県常総市PTA指導者研修会「子どもを幸せに伸ばす10の秘訣」
東京都新島・式根島教育講演会「子どもを幸せに伸ばす10の秘訣」
東京都杉並区高円寺中央児童館「自信と意欲を引き出すプラスの問いかけ」
栃木県真岡市立真岡西小学校「子どもを幸せに伸ばすための親学講座」
長野県塩尻市立塩尻西部中学校「学力向上のための7つの問いかけ」
愛知県安城市家庭教育講演会「子どもを幸せに伸ばす10の秘訣」
愛知県豊田市こども園保護者の会「子どもからの3つのプレゼント」 
愛知県一宮市教職員組合「意欲を引き出す『プラスの問いかけ』」
三重県桑名市PTA連合会「思春期・反抗期の子どもとのつき合い方」
福井県立若狭図書学習センター「子どもを幸せに伸ばす10の秘訣」
福井県小浜市聖ルカ幼稚園「自信と意欲を引き出す親子関係のつくり方」
和歌山県有田川町PTA連絡協議会「無為の子育て~あなたも子どももそのままでいい~」
和歌山県田辺・西牟婁教頭会「いのちの大切さを子どもたちにどう伝えるか」
和歌山県白浜町教職員研修会「いのちの大切さを子どもたちにどう伝えるか」
滋賀県長浜青年会議所「子どもを包むあたたかい土になろう」
長崎県長崎市PTA研究大会「子どもを幸せに伸ばす10の秘訣」
佐賀県三養基郡基山町瀧光徳寺「親学講座」
岡山県岡山ふれあいセンター「子どもを幸せに伸ばすための親学講座」
岡山県高梁市有漢生涯学習センター「子どもを幸せに伸ばすための親学講座」
岡山県ライフパーク倉敷「子どもを幸せに伸ばすための親学講座」
日本生命京橋支社(大阪市)「子どもからの3つのプレゼント」
大阪府大阪市鶴見区人権講演会「体罰の根っこを考える」
大阪府大阪市鶴見区今津小学校「体罰の根っこを考える」
大阪府大阪市私立城南学園小学校「子どもを幸せに伸ばすための親学講座」
大阪府大阪市立橘小学校90周年記念講演会「子どもからの3つのプレゼント」
大阪府豊中市立熊野田小学校「子どもを幸せに伸ばすための親学講座」
大阪府堺市あおい幼稚園「意欲を引き出す『プラスの問いかけ』」
大阪府堺市立中百舌鳥小学校「いのちの大切さを子どもたちにどう伝えるか」
兵庫県西宮市立高木小学校「子どもを幸せに伸ばす10の秘訣」
兵庫県西宮市立津門小学校「子どもを幸せに伸ばす10の秘訣」
兵庫県新温泉町夢ホール「子どもを幸せに伸ばす10の秘訣」
兵庫県たつの市やすらぎ福祉会館「いのちの大切さを子どもたちにどう伝えるか」
兵庫県たつの市アクアホール「思春期・反抗期の子どもとのつきあい方」
兵庫県明石市市民会館「子どもが伸びる!自己肯定感を育てる親子関係の作り方」
兵庫県加古川市『家庭教育セミナー』「自信と意欲を引き出す親子関係の作り方」
その他 兵庫県内での講演多数

*2007年より読売ファミリーニュースにて「親学講座」を好評連載中。
*2006年より親学講座ペアレントセミナーを主催、現在までに27回を数える。
 

講演の特徴

 詩や曲を取り入れた心に響く講演は「感動した」「心が軽くなった」と喜びの声が多数寄せられています。
 ありのままの子どもを愛することの大切さや、今の喜びや幸せを受け取ることの大切さを再認識させてくれる講演です。
 笑いあり、涙あり、講演を聞き終わったあとは心が軽くなっています。