長谷川 淳史

長谷川 淳史(はせがわ じゅんし)

TMSジャパン代表/ガラップ治療院院長

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「腰痛治療最前線」
  • 「腰痛概念の劇的な転換」
  • 「TMSジャパン・メソッド」

講演テーマ

「腰痛治療最前線」
「腰痛概念の劇的な転換」
「TMSジャパン・メソッド」

略歴

TMSジャパン代表。
1960年生まれ。北海道旭川市在住。

ニューヨーク大学医学部教授のジョン・E・サーノが提唱したTMS理論をさらに発展させ、
EBM(根拠に基づく医療)とNBM(物語に基づく医療)の統合を目指す腰痛治療プログラム「TMSジャパン・メソッド」を開発し、
各地で慢性腰痛患者や医療関係者、企業を対象にセミナーや治療プログラム、講演などを行なっている。
著書の『腰痛は<怒り>である』はベストセラーとなり、台湾と韓国でも翻訳出版されている。

著書

『腰痛は終わる!』(WAVE出版)
『腰痛は<怒り>である』(春秋社)
『サーノ博士のヒーリング・バックペイン』(春秋社)
『心はなぜ腰痛を選ぶのか』(春秋社)
『代替医療ガイドブック』(春秋社)
『腰痛は<怒り>である・CD付』(春秋社)