鈴木 たね子

鈴木 たね子(すずき たねこ)

国際学院埼玉短期大学客員教授 農学博士(九州大学)/日本お魚マイスター協会 講師/(社)日本水産学会名誉会員

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「アンチエイジングは魚食から」
  • 「健康によい魚の食べ方教えます!」
  • 「マグロの資源はどうなる?」
  • 「酒の肴の蘊蓄あれこれ」

講演テーマ

「アンチエイジングは魚食から」
魚食は老化を遅らせることが、最近の研究で解明されています。その有効な魚の成分は何か?さらに多くの疫学調査が魚食の有効性を証明しています。私は傘寿を超えましたが、元気で生涯現役をめざしています。魚食をしている生証人です。

「健康によい魚の食べ方教えます!」
世界的に魚が健康に良いという情報が行き渡り、欧米中国で肉から魚へと食生活が少し変化しています。日本では魚離れといわれていますが、良い魚の見分け方やどんな魚を食べたらよいのかなど、健康に良い魚の食べ方を伝授します。

「マグロの資源はどうなる?」
日本人の大好きなマグロは、多くの有効な栄養素を持っています。しかし、一番おいしいクロマグロを、日本人はこれからも食べ続けることが出来るのでしょうか?マグロの資源や養殖について考えてみましょう。

「酒の肴の蘊蓄あれこれ」
日本酒、ビール、ワインのおつまみによく食べられている刺身、干物、塩辛、蒲鉾、魚卵などの蘊蓄をおもしろく説明します。

略歴

1947年 農林省水産試験場入省
1983年 水産庁東海区水産研究所生物化学部長
1984年 九州大学農学研究科講師 併任
1986年 水産庁東海区水産研究所 退官
1986年 日本大学短期大学部生活環境学科長
1993年 国際学院埼玉短期大学 教授
1997年 国際学院埼玉短期大学客員教授
1980年 農林水産大臣賞 受賞
1982年 日本水産学会加工技術賞 受賞
1985年 科学技術庁長官賞 科学技術功労者賞 受賞

専門分野

食品学、水産化学

講演実績

都道府県の生涯学習プログラムにより、毎年各地で講演を行うほか、
各公共団体や企業での研修会で講演されています。

【都道府県生涯学習プログラムによるもの】
(2009年)
・さいたま市「食料の確保を考える~水産資源の危機 マグロを中心に~」
・立川市「品質の良い魚の目利きと健康に良い食べ方」「魚食の健康効果~魚介類の成分はアンチエイジング、メタボに有効」
・埼玉県「健康づくりの魚の食べ方教えます」
・足利市「魚と付き合う健康法」

【企業、公共団体での研修会】
(2009年)
・地理研究会「おいしくて健康に良いマグロ」
・全国消費者団体連合会「水産資源の危機 ーマグロを食べつづけられるか?」
・山下会計事務所「魚介類の栄養価と安全性(講義)」

【その他】
・日本で開催の国際フォーラムで講演

著書

『猫も知りたい魚の味』(成山堂書店)
『おさかな栄養学』(成山堂書店)
『魚とつきあう健康法』(農文協)
『エビの栄養・イカの味 貝の生態』(アポック社)
『水産食品の表示と目利き』(成山堂書店)
『Fish and Krill Protein』 ( Applied Science Pub.)
その他、食品・水産関係専門書多数

テレビ

・日本テレビ「世界一受けたい授業」に講師として出演(2009年)
・NHK「はつらつ道場」に一週間出演

講演の特徴

学問的な内容を解りやすく、面白く解説します。10分ごとに笑いがとれるように努力しています。