荒川 祐二

荒川 祐二(あらかわ ゆうじ)

作家/社会活動家/書アーティスト

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「半ケツとゴミ拾い~ゴミ拾いの輪が作った真実のストーリー~」
  • 「半ケツとゴミ拾い~一歩を踏み出す勇気~」

講演テーマ

「半ケツとゴミ拾い~ゴミ拾いの輪が作った真実のストーリー~」
両親からの仕送りを月30万円も使うほどの、大金持ちの家庭に生まれた1人の大学生が、
『自分を変えたい!』という思いで、たった一人で毎朝新宿駅東口のゴミ拾いを始めた。
嫌がらせや半ケツのホームレスとの出会いなど、様々な事を通し、気付けば自分自身が変わっていった。
たった1人から始まったゴミ拾いの輪が1人、2人・・・と仲間を増やし、
やがて全国・全世界に広がっていった真実のストーリー。

略歴

1986年3月25日生まれ
上智大学経済学部卒

大阪の中学、高校を卒業し、上智大学に入学。
2006年、大学時代に1本のドキュメンタリー映画を見たことをきっかけに、
「自分を変えたい!!」という思いで、毎朝6時から、日本一汚い場所・新宿駅東口の掃除をたった一人で始める。

「一緒に掃除をしてくれる人募集!」と書かれた看板を背負って始まった活動は、
周りにいる人々の心を動かし、ホームレスから始まり、1人、また1人と仲間が増え続けた。

3ヶ月後には50人以上へと拡大し、半年後の2007年5月3日(護美の日)には全国27ヶ所、総勢444人の全国規模でのゴミ拾いを開催。
その活動は現在も継続され、2009年5月3日には、全国200ヶ所、全世界26ヶ国、総勢15,534人。2010年には、全世界30ヶ国以上、総勢103,036人、2012年には、全世界300ヶ所以上、136,556人という全世界ムーブメントに広がっていった。

大学卒業後、「一人でも多くの人に1歩を踏み出す勇気を与えたい」という思いで、自身の体験を基にした「誰にでも出来る事が人生を変える!!」という講演を、全国の学校・企業・団体で展開。

現在は、本業として作家業を行う一方で、ゴミ拾い活動、ラーメン店経営、書のアーティストとしての活動、全国の学校を中心とした講演活動、イベント、メディア出演等、様々な活動を行っている。

専門分野

教育、自己啓発(学校向け)

実績

<講演会>
2007年より講演会活動を始め、これまでに学校等の教育機関を中心に、通算300回以上、総勢10万人を動員しての講演活動を行う。

<テレビ>
・NHK「おはよう日本」「お元気ですか日本列島」「Today’s 30minutes」
・TBS「噂の!東京マガジン」
・日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース」
・テレビ東京「トコトンハテナ」「すなっぷ」

<新聞掲載>
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、産経新聞、共同通信、山梨日日新聞、台湾時報

著書

『半ケツとゴミ拾い』(地湧社)
『ゴミ拾いから見えてきた未来』(美健ガイド社)
『伝え屋 大切な人に思いを伝えられないあなたへ』(廣済堂出版)
『NO BORDER 世界を1つに繋ぐ歌』(サンクチュアリ出版)
『奇跡の紅茶専門店』(マガジンハウス)
『「あの時やっておけばよかった」と、いつまでお前は言うんだ?』(講談社)

講演の特徴

小・中・高・大学生等の、学生向け講演。
「集中力がない」「人の話を聞かない」と言われている最近の学生が、講演の途中からまっすぐ目を見て、涙を流しながら話を聞く姿が印象的。「一歩踏み出す勇気」を伝える講演内容です。