江上 剛

江上 剛(えがみ ごう)

作家

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「格差社会とこれからの日本経済」
  • 「アジアビジネス最前線」
  • 「起死回生 時代を生き抜く経営力」
  • 「大不況を生き抜く決断と責任」
  • 「中小企業の再生へのヒント」
  • 「組織における決断と責任」
  • 「新しい組織へ~コンプライアンス体制の確立」
  • 「組織における危機管理」
  • 「企業広報とリスク管理」

1954年1月7日生まれ。兵庫県出身
1977年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、旧第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。97年第一勧銀総会屋事件に遭遇し、広報部次長として混乱収拾に尽力。2003年3月に退行する。
2002年「非情銀行」で小説家デビューをし、銀行を退行後は作家として本格的に活動。WOWOWでドラマ化された「隠蔽指令」をはじめ骨太な経済小説に定評がある。近年は、日本経済の礎を築いた近代の経営者に着目をしており、三井財閥の池田成彬の人生を描いた「我、弁明せず」、安田善次郎の前半生の評伝「成り上がり」といった小説を上梓している。
作家としての活動は小説だけに留まらず、多くの企業・経済人を取材して、取材内容をまとめたノンフィクションも評価が高い。また、これまでの経験を基に書かれたビジネス書も多数ある。これまでの著書は40冊以上にも上る。最新刊は「奇跡のモノづくり」。

近著

「不当買収」(講談社)
「最高の上司が実践する哲学」(青春出版社)
「霞が関中央合同庁舎第四号館 金融庁物語」(実業之日本社)
「大罪」(徳間書店)
「円満退社」(幻冬舎)
「座礁 巨大銀行が震えた日」(朝日新聞社)

出版物

「銀行員諸君!」(新潮新書) 2003年
「非情銀行」(新潮社) 2002年
「起死回生」(新潮社)  2003年
「異端王道」 (東洋経済新報社)
「レジスタンス」(講談社)
「統治崩壊」(光文社)
「復讐総会」(新潮社)
「腐蝕の王国」(小学館)

講演テーマ

●『奇跡のモノづくり』~日本再生に今こそ必要な仕事観~

壊滅的な被害をもたらした東日本大震災。日本経済が立ち直るためにはものづくりで生きていくしかありません。日本が世界から認められ、貢献できるのはモノづくりの力です。日本に残すべきモノづくりにかかわる多くの企業を取材した観点から、日本経済復活への提言を語ります。

●成り上がり~明治を駆け抜けた経営者たち~

明治の動乱の時代を駆け抜け日本経済の礎を築いた安田善次郎、池田成彬ら。かれら成功者のマインド、その生き方はまさに『成り上がり』であった。震災や円高の影響で、戦後最悪の経済状況にある日本。経営者に求められているのは彼らが持っていた覚悟ではないだろうか。全ての経営者に贈る過去からの教訓。

●起死回生―時代を生きぬく経営力

企業を存続していくためには、経営者の判断力が重要です。ただ生き残りを図るだけでは、衰退していくだけで成長はありません。必要なのは、企業を再成長に導く力です。今、企業・経営者が取るべき選択とは?その問いに対し、銀行員時代に多くの企業再生を目にし、現在は作家として多くの経営者と取材を行っている江上が語ります。


連載

★小説連載★

小説新潮(新潮社)…サラリーマン十戒シリーズ

★コラム・エッセイ・書評など★

日刊現代…江上剛の世相を斬る!(毎週月曜日)
サンケイスポーツ…江上剛のビジネスアイを探せ!(毎週月曜日宅配分)
朝日新聞…江上剛の街かど経済散歩(毎週水曜日・東京版)
週刊朝日(朝日新聞)…築地座映画評(毎月)
ヨミウリウイークリ(読売新聞)…経済現論
新会社法A2Z(第一法規)…会社の外で考える
フォーブス日本版(ぎょうせい)…オピニオン
マネージャパン(ssコミュニケーション・角川グループ)…書評(3ヶ月ごと)
その他産経新聞、読売新聞、時事通信などに臨時寄稿多し。

テレビ出演

「めざましどようび」(CX6:30〜8:30)レギュラーコメンテーター
CS日本 日テレNEWS24「まーけっとNavi」(金)コメンテーター

これまでのテレビ出演

「TVタックル」(ANB)
「ミライ」(CX)
「サンデープロジェクト」(ANB)
「週刊ブックレビュー」(NHK) 他