白石 桂三

白石 桂三(しらいし けいぞう)

現役モーターボート選手/日本モーターボート選手会 滋賀県支部 支部長

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 『人生勝負! 競艇選手という生き方』
  • 『好きなことを職業にする方法』

経歴

1955年 愛媛県松山市生まれ
1974年〜佛教大学在学中、友人の誘いでモーターボート選手試験を受験。合格する。     
1976年 本栖研修所での訓練を経てモーターボート選手デビュー
1987年 選手会評議員に選ばれる。(~1991)
1994年 滋賀支部 支部長に就任(~現在) 現役レーサー

主な社会活動
・ハンセン病チャリティバザーなどの開催
・日赤病院などへ車椅子等を寄付
・児童福祉施設「小鳩の家」など福祉活動に貢献

講演テーマ
『人生勝負! 競艇選手という生き方』
 0.01秒の判断の差が結果を左右するシビアなモーターボートの世界で、
 人生の半分以上を過ごしてきた。
 地獄の研修、複雑な人間関係、減量の苦しみ、事故の恐怖…。
 幾多の試練を乗り越える。
 ファンの期待を一身に背負い、時にプレッシャーに押しつぶされそうになりながらも、
 闘い続ける理由とは “好き”という気持ちであった。

『好きなことを職業にする方法』

コメント
現役では珍しい親娘レーサー(白石佳江選手)
滋賀支部を引っ張る大ベテラン。