講演テーマ

「障害と生きる」

障害者ではあるがいつか健常者に戻ろうともがいている。
倒れる前の予備校講師、学校コンサルティングの経験をいかして教学社「センター数学満点のコツ」を著す。

「数学」

教学社「センター数学満点のコツ」の著者が直々に伝授します。
人は数の変化をあらわすとき,どういうとき+-で,どういうとき×÷なのか?
咲いたは咲いたは…また暗記丸呑みですか?
角平均で表せば時を駈けるだけですよ。一緒に駈け出しましょう!

プロフィール

東京大学文学部社会学科卒。
教えた科目は数学と倫理。教えた対象は、下は小学生から上は社会人まで。
教壇に立ったのは、塾、予備校、中学、高校、大学。
2013 年5月にコンダクターをしていた仙台育英高校の教壇にて、脳内視床下部出血で倒れ、半身不随となる。
倒れた後も誠真塾、進学塾ACADEMYに在籍し、 教壇への復帰に向けてリハビリを続けながら本書を執筆した。
著書に『看護医療技術系の数学―数I・A頻出問題の完全攻略』(文英堂)など

専門分野

数学・社会学

講演の特徴

プロジェクターを使ってビジュアルに!

主な著書

「センター数学II・B 満点のコツ (満点のコツシリーズ)」教学社 (2014/11/26)
「センター数学I・A 満点のコツ (満点のコツシリーズ) 」教学社 (2014/11/26)
「看護医療技術系の数学」文英堂 (2011/9/30)