海老名 香葉子

海老名 香葉子(えびな かよこ)

エッセイスト

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 『人間らしい温かな心と暮らし方』
  • 『老いて健やかに』
  • 『ピチピチ生きる』
  • 『人生後半の生き方を考える』
  • 『精一杯明るく生きなきゃ』

略歴

生家は江戸時代から代々続いた本所の釣竿師「竿忠」。
昭和20年3月の東京大空襲で家族6人を失う。
戦後、先代の三遊亭金馬師匠宅に引き取られて育つ。
昭和27年落語家林家三平と結婚。
無名時代の苦労を共にしながら、林家こん平ら30人余の弟子の面倒をみる。
55年、昭和の爆笑王、夫三平の死後はテレビ、ラジオ、雑誌などマスメディアで
コメンテイター、身の上相談、エッセイストとして活躍。
58年には生い立ちを綴った「ことしの牡丹はよい牡丹」を初出版。
他に少女時代の下町を描き、アニメ化もされた「うしろの正面だあれ」(サンケイ児童出版文化賞受賞)
や「姑うた様〜下町は今日も青空」、「暮らしの『かくし味』」小説「お咲きちゃん」などの著書がある。
また増位山(現・美保関親方)のヒット曲「そんな夕子にほれました」の作詩も手掛ける。
平成7年11月には夫三平の資料を整理し、自宅の3階に林家三平記念館・ねぎし三平堂をオープン、
笑いの天才・林家三平の精神を生かし続けている。

著書

「あした天気になあれ」(朝日出版社)
「お咲ちゃん」(徳間書店)
「毎日が楽しいあいうえお」(小学館文庫)
などがある。

その他

・東京都平和の日委員
・日本チャリティ協会配分委員
・東京文化財団ウィーク推進委員

講演テーマ例

『人間らしい温かな心と暮らし方』
『老いて健やかに』
『ピチピチ生きる』
『人生後半の生き方を考える』
『精一杯明るく生きなきゃ』