ダイアン 吉日

ダイアン 吉日(だいあん きちじつ)

英語落語家

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「ダイアンから見た日本」
  • 「旅行体験談 ~40ヵ国以上を旅して~」
  • 「外国語を楽しく学ぼう」
  • 「日本文化の魅力 ~素晴らしい日本文化を守ろう~」
  • 「夢を追いかけて」
  • 「異文化交流について」 など

プロフィール

イギリス、リバプール出身。
ロンドンでグラフィックデザイナーとして働いていたが、世界中を旅行したいと決心し、バックパッカーをしながら1990年に日本にたどり着き、現在に至る。これまで訪れた国は40ヶ国。
英語落語の先駆者故桂枝雀の「お茶子」を務めたことをきっかけに、落語を始め、大好きな着物に魅せられて女性落語家として活躍。外国人にもわかりやすい様々な工夫をこらし、古典落語から創作落語まで幅広いジャンルを演じている。

講演テーマ

<講演>

「ダイアンから見た日本」
「旅行体験談 ~40ヵ国以上を旅して~」
「外国語を楽しく学ぼう」
「日本文化の魅力 ~素晴らしい日本文化を守ろう~」
「夢を追いかけて」
「異文化交流について」

<落語題目例>

■THE LOST AND FOUND OFFICE (English Rakugo)
~お忘れ物承り所 (創作/英語落語)~

駅の忘れ物承り所に今日もいろんな人が「忘れ物」を取りにやってきました。桂三枝師匠の創作落語をダイアンが実体験を加えてアレンジ。

■WONDERFUL JAPAN (English Rakugo)
~ワンダフル・ジャパン (創作/英語落語)~

イギリスから大阪にやってきた男。大阪梅田で待ち合わせをしたものの、場所がわからない。街行く人に尋ねてみるが・・・。 日本語と英語の混ざった、わかりやすい内容です。

■SAMURAI (English Rakugo)
~宿屋仇 (古典落語/英語落語)~

全編英語のみ。 静かな部屋を求めて宿屋に泊まった侍。しかしその隣の部屋には騒々しい連中が。

■Kokusai Kekkon (Japanese Rakugo)
~国際結婚 (創作/日本語落語)~

イギリス人の婚約者に連れられて、ロンドンの両親の家に挨拶をしにきたタケシ。 ほとんど英語も習慣も分からないまま、なんとか両親の手前、寿司を作ったりといいところを見せようとしますが・・・。

講演の特徴

駄洒落もお洒落もお手のもの。英語でシャレる創作落語!派手な着物と軽快なおしゃべりで楽しいひと時を。