C.W.ニコル

C.W.ニコル(しー だぶりゅ にこる)

作家/C.W.ニコル・アファンの森財団 理事長

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「人と自然との共生」
  • 「緑の中で生きる」
  • 「未来への贈りもの -人と自然との共生-」

略歴

1940年7月17日、英国ウェールズ生まれ。
17才でカナダへ渡り、その後、カナダ水産調査局北極生物研究家の技官として、海洋哺乳類の調査研究にあたる。
1967年より2年間、エチオピア帝国政府野生動物保護省の猟区主任管理官に就任。
シミエン山岳国立公園を創設し公園長を務める。
1972年よりカナダ水産調査局淡水研究所の主任技官、また環境保護局の環境問題緊急対策官として、石油、科学薬品の流出事故などの処理にあたる。
1980年 長野県黒姫に居を定め、以降、執筆活動をしている。
1995年7月 日本国籍を取得。
2002年 自ら荒れた森を購入し、生態系の復活を試みる作業を20年間行い、財団法人C・W・ニコル・アファンの森財団を設立。
2005年 英国エリザベス女王陛下より名誉大英勲章を賜る

1993年より 国際松濤館空手道連盟顧問。
1993年より (財)屋久島環境文化財団特別顧問。
1994年 内閣官房「21世紀地球環境懇話会」委員。
1997年より 内閣官房「子どもの未来と世界について考える懇談会」委員。
2002年 内閣府「未来生活懇談会」委員
2003年 東京都エコツーリズム・サポート会議委員
2004年 環境省エコツーリズム推進会議委員
2005年より 京都大学フィールド科学教育センター社会連携教授

著書等

『ティキシー』(角川書店)
『勇魚』(文芸春秋社)
『風を見た少年』(講談社)
『TREE』(徳間書店)
『マザーツリー』 (静山社)
『盟約』(文藝春秋社)
『遭敵海域』(文藝春秋社)
『裸のダルシン』(小学館)
『誇り高き日本人でいたい』(アートディズ)

※2000年原作『風を見た少年』がアニメ化され、第45回アジア太平洋映画祭アニメーション部門でグランプリ受賞。2002年『裸のダルシン』が児童福祉文化財の推薦を受ける。