横山 直史

横山 直史(よこやま なおふみ)

国際環境家
環境経済人委員会(全国)代表
社団法人富士自然文化協会常務理事
アジア環境経済人会議事務総長
埼玉県環境教育認定指導者

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 我国の再生可能エネルギーのゆくえについて
  • 再生可能エネルギー社会を迎えて
  • 異常気象を止めるにはどうすればよいか
  • 環境ビジネスの現状と今後
  • 環境経営の在り方

講演テーマ

既存の理論や文献によることなく、この10年間全国の環境事業の経営者や大手企業の環境・CSR部門の幹部約三千人と交流し、その支援と協力に注力してきた実績と経験をもとに、具体的なこれからの環境経営とビジネスを考察する。

●「異常気象を止めるにはどうすればよいか」

●「再生可能エネルギー社会を迎えて」

今後、企業と市民は再生可能エネルギーをどう上手に使えばいいのか
ヨーロッパ環境先進国に於ける再生可能エネルギーへの取り組みの現状
こんなにある、まだよく知られていない我国の環境技術と製品

●「我国の再生可能エネルギーのゆくえについて」

今後、我国の再生可能エネルギーは何が有望なのかを見極めることが必要です。

●「環境ビジネスの現状と今後」
  日本の環境企業の現状と、環境ビジネスの将来性について

環境ビジネスはすごい勢いで発展してきている。
そのマーケット規模も強大であるため、どの環境分野のビジネスが有望なのかをお話しする。

●「環境経営の在り方」
  環境経営とは何か―環境経営の目指すべき方向とは?

現在、環境への取り組みは、経営そのものとなり、その取り組み次第で今後、企業の成長・発展に大きな影響を与えてゆく。私が創設した環境経済人委員会(全国)では、環境の見える化を推進するため、毎年、全国の環境に取り組んでいる大手・中小企業に対して環境賞を発表・授与して今年で合計千社を超えるまでになっている。

略歴

1972年 立教大学経済学部卒
1973年 国際交流団体を設立 代表就任
1989年 国際環境家として活動
1995年(社)富士自然文化協会 理事
1998年 同 常務理事
2002年 環境経済人委員会(全国)主宰代表
2002年 南アフリカのヨハネスブルグ環境開発サミットに参加
2002年 インド・ニューデリーのCOP8(気候変動の国際会議)に参加
2003年 アジア環境経済人会議事務総長

専門分野

企業と環境問題、環境経済政策

実績

【講演】

都道府県環境部主催の特別講演講師や、経済界各団体の講師として講演活動を行う。
・社団法人環境生活文化機構
・熊本県環境保全協議会
・山形県庁環境部門(山形環境保全協議会)
・東京大学 ほか多数。

【テレビ・ラジオ】

・フジテレビ「とくダネ!」(環境専門家としてコメント)
・テレビ埼玉、KBS京都ラジオなど

【新聞・雑誌など】

フジサンケイビジネスアイ、読売新聞(朝刊)、毎日新聞、沖縄タイムス、琉球新報、下野新聞、福島民報、「実業界」、日本工業新聞、朝日新聞(朝刊、夕刊)、さいたまグラフ、中央読売新聞、埼玉新聞、産経新聞、浦和商工会議所 会報誌、京都新聞、大阪日日新聞