秋山 仁

秋山 仁(あきやま じん)

理学博士

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 数式いらずのジンジンに感じる数学

略歴

1946年 東京生まれ
上智大学大学院数学科を修了後、ミシガン大学数学客員研究員、米国A&Tベル研究所科学コンサルタント(非常勤)、日本医大助教授、東京理科大学教授、文部科学省教育課程審議会委員、科学技術庁参与などを歴任。

現在、理学博士、数学者、東海大学教育開発研究所次長、東海大学理学研究科教授、NHKラジオ・テレビ講座講師、(財)平成基礎科学財団理事、(社)全国幼児教育研究協会理事、オホーツク数学ワンダーランド名誉館長などを務める。

専門誌に約100編を超える論文を発表、啓発書、専門書など約90冊を執筆。また英語、ドイツ語に堪能で国際数学欧文専門誌『グラフ理論と組み合わせ理論』の編集長を務める。
“数学界の異端児”とも称され、マスコミなどで大活躍する異色の理学博士。

講演例

『デッカイ夢さえあればなんとかなるさ』
『未見の我を探せ』
『君の頭に発想の泉を掘り起こせ』
『子どもの数だけ夢があり、夢の数だけ明日がある』

著書

『知性の織りなす数学美』
『証明の展覧会 I, II』
『数学は生きている』
『秋山仁の放課後無宿』
『誰かに解かせたくなる算数・数学の本』
『作って試して納得数学』
『成功法則研究』
『グラフ理論最前線』
『初等離散数学』
『ゲームにひそむ数理』
『幾何学における未解決問題集』 他専門書多数。