アグネス・チャン

アグネス・チャン(あぐねす ちゃん)

歌手/エッセイスト/教育学博士

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「乳がんと向き合って」
  • 「みんな地球に生きるひと」(日本の国際化と子供の未来)
  • 「水の惑星に生まれて」(環境問題、美しい海と森について)
  • 「私が日本を好きな理由」(世界の中の日本の役割)
  • 「みんな未来に生きるひと」(少子高齢化社会への提言)
  • 「食と健康を考える」(世界の食卓から)
  • 「男女共同参画社会の実現のために」(家庭と仕事と子供と)
  • 「21世紀を担う子供を育てる」(心を豊かにする教育とは)
  • 「私のターニングポイント」(私の生涯教育)
  • 「小さな命からの伝言」(21世紀へのメッセージ)

旬刊!! 講演会スタッフBlog ⑤ は、アグネス・チャン氏の講演会リポートです!
 是非、ご参考ください!!

略歴

香港生まれ。

1972年 「ひなげしの花」で日本デビュー。一躍アグネス・ブームを起こす。
上智大学国際学部を経て、カナダのトロント大学(社会児童心理学)を卒業。
1984年 国際青年年記念平和論文で特別賞を受賞。
1985年 北京チャリティーコンサートの後、エチオピアの飢餓地帯を取材、
その後、芸能活動のみでなく、ボランティア活動、文化活動にも積極的に参加する。
1989年 米国スタンフォード大学教育学部博士課程に留学。
1994年 教育学博士号(ph.D)取得。
1998年 日本ユニセフ協会大使に就任。以来、タイ、スーダン、東西ティモール、フィリピン、
カンボジア、イラク、モルドバ共和国と視察を続け、その現状を広くマスコミにアピールする。
2000年 本格的に歌手活動を再開、シングル「この身がちぎれるほどに」は20万枚のヒットを記録。
東京、大阪でのリサイタル「リ・インカーネーション」も大成功をおさめた。
2002年 3月 初の短編小説集「パーフェクト・カップル」(幻冬舎)を上梓。
2005年 「ペスタロッチー教育賞」を受賞。2006年、春、全米歌手デビュー。

現在は、芸能活動ばかりでなく、エッセイスト、大学教授、日本ユニセフ協会大使など、
知性派タレント、文化人として世界を舞台に幅広く活躍している。

講演テーマ

「みんな地球に生きるひと」-日本の国際化と子供の未来-
「水の惑星に生まれて」-美しい海と森について
「小さい命からの伝言」-21世紀へのメッセージ
「私のターニングポイント」-私の生涯教育
「21世紀を担う子供を育てる」-心を豊かにする教育とは
「男女共同参画社会の実現のために」-家庭と仕事と子供と
「食と健康を考える」-世界の食卓から-
「みんな未来に生きるひと」-少子・高齢化社会への提言-
「私が日本を好きな理由」-世界の中の日本の役割

著書

「みんな地球に生きるひと/Part1・Pa rt2」(岩波ジュニア新書)
「ママ博士にならなくてもいいよ」(朝日新聞社)
「みんな未来に生きるひと」(旬報社)
「パーフェクト・カップル」(幻冬舎)
「戦争と平和〜そして子どもたちは〜」(オリコンエンタテインメント)
「この道は丘へと続く」(共同通信社)
「世界に乾杯!」(東京ニュース通信社)
「わたしが愛する日本」(かもがわ出版)
「小さな命からの伝言」(新日本出版社)
「結婚生活」って何?(講談社)
「アグネス流エイジング薬膳デトックス」(家の光協会)
「花とカラーの誕生日メッセージ」(EH春潮社)など多数。

CD

アルバム:「ナウ・アンド・ゼン」「ロスト・アンド・ファウンド」
シングル:「草原の輝き2005」「しあわせの花」